Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

Archives

Recent Entries

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2019.02.17 Sunday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

-

古物商

3大義務の一つ

*取引相手の身元確認

(1)

・買取り依頼人から住民票の写しなどを送ってもらい確認

 ※住民票の写しとは、市区町村で発行された原本であり、そのコピーは不可

・買取り依頼人から、印鑑登録証明書及び登録印鑑を押印した書面を送ってもらい確認

 ※書面には、特に規制はなく、買取りや査定の申し込みなど

・買取り依頼人から電子署付き電子メールを送信してもらい確認

 ※電子署名は、電子署名及び認証業務に関する法律の認定認証事業者などにより証明されるものに限る

(2)

・買取り依頼人から住民票の写しなどを送ってもらい、そこに記載された住所に簡易書留などを転送不要扱いで送り、到達を確認

・買取り依頼人から、運転免許証・健康保険被保険者証・身分証明書など身元確認資料のコピーを送ってもらい、そこに記載された

住所に簡易書留などを転送不要扱いで送り到達を確認

 ※身元確認資料として認められるものは?【運転免許証・健康保険被保険者証・身分証明書・国民年金手帳・パスポートなど】

(3)

・買取り依頼人に、本人限定受取郵便を送って到達確認後、買取り品を送ってもらい、確認

(4)

・買取り依頼人に買取り品を送ってもらい、本人限定受取郵便などで、買い取り代金を送金し、確認

身元確認の方法として(1)〜(4)通りがあります。

  • 2018.07.13 Friday
  • 08:24

-

スポンサーサイト

  • 2019.02.17 Sunday
  • 08:24
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment