Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Archives

Recent Entries

-

有効活用

不用品・不要品。その人にとっては、いらなくなった物でも、他の人にとっては、❝アッ!それいい。使える。❞というケース

も出てくると思います。

ネットショップ・フリーマーケット・リサイクルショップの利用等が代表的ですが、もっと気軽にできる場というか、ご近所や知り合いの方などの口コミ。物々交換的なお金の掛からない再利用の仕方があったらいいなと思います。

ビジネスではなく、人と人との意見・品物交換。

今、そんなことを思案中です。

良いアイデアがあったら、教えて下さい。

 

 

 

  • 2018.10.19 Friday
  • 08:19

-

大切なもの

誰にでも大切なものってありますよね。

品物であったり、形のないものだってあると思います。

私がお仕事を依頼されたとき、残しておきたいものは、ご依頼者様自身で保管されておくようにお願いします。

ところが、実際は中々難しいことなんですよね。

ご依頼者様がご本人とは異なる場合、様々な諸事情もあって、❝コレとアレ❞っていう風に、はっきりわかる品物の場合はいいのですが、何十年も前の事は記憶が薄れてしまい、何がどうなっているのか分からない場合が少なくありません。

ご本人自身も何をどこに納めてしまったものなのか、覚えていらっしゃらない場合もあるかと思います。

分別作業は、くれぐれも注意して行うようにしないといけませんね。

 

 

  • 2018.10.18 Thursday
  • 09:34

-

NHK受信料

TVを処分する時は、NHK受信料への対応を忘れがちです。

引っ越しやTVを買い替えるときは、そうでもないと思います。

高齢者の場合、施設への入退所や、別の施設へ移られる方など、

いろいろなケースが考えられます。

そういった際に、ついうっかりしがちなのがNHK受信料です。

そのまま払い続けるのか、解約するのか。

それと、B-CASカードの対応もお忘れなく。

  • 2018.10.16 Tuesday
  • 09:36

-

歳を重ねる

認知症って病気でしょうか。

誰だって年を重ねるごとに物忘れは多くなります。

記憶力も低下します。集中力は続かなくなります。

医学的には、若年性の認知症、脳血管性認知症など、

様々な観点から研究されています。

認知症予防についても、いろんなことがTVや雑誌で

取り上げられるようになりました。

一般的な成人の状態とを比べると、異常なのかもしれません。

周囲の人との生活も困難な場合が出てくることも確かです。

でもね。人間に限らず、他の動物(生物学的にはどうなのかな)だってそうなるんじゃない?

生きているんですから。

 

 

  • 2018.10.10 Wednesday
  • 08:03

-

Your collection is what?

スーパーの手提げ袋・紙袋・菓子箱・お菓子の缶・布切れ・リボンや紐・包装用紙・エトセトラ…。

綺麗なものを沢山集めていらっしゃる方は少なくないのでは?

先日のご依頼者もそうでした。

綺麗に揃えてたたんで、お菓子の缶や菓子箱にいっぱい詰め込んでありました。

❝勿体ない❝とは言うものの、処分を依頼された品です。

私も、スーパーの手提げ袋とか紙袋は結構ためている方です。

これからは、どうしようかな…。

普段マメに使うことにして、ためるのは程々にしておこうかなとも思ってます。

  • 2018.10.09 Tuesday
  • 15:49

-

大変な品数でした

昨日、ケアハウスの整理〜搬出作業のお仕事を済ませてきました。

十数年間お住まいだったお部屋なので、大変な品数でした。

部屋の広さは、1LDK程度でした。

見積り時は、ご家族の方も片付けにお見えになっておりまして、

お聞きしたところ、夕方5時くらいまで整理をされていたご様子でした。

電化製品・家具・お布団・衣類・生活雑貨類等、十数年間の品があちこちに積まれておりました。

こういう仕事に携わっていると❝他人事とは思えないな❞と考えさせられることもあります。

誰もが年を取っていくわけですよね。

一日一日を、大切にして生きていきたいものです。

 

  • 2018.10.05 Friday
  • 08:27

-

一安心

何とか、会計処理が整ってきました。

12月末には、無事に届け出が出来そうなところまでこぎつけました。

商工会議所に何べん足を運んだことやら。

記帳を指導してくださった方も、よく最後まで付き合って下さいました。

本当にありがとうございました。お礼の言葉もありません。

でも本当に大変です。自分が実際やってみて実感しました。

面倒くさがり屋の私は、❞もっと簡単な方法があればいいのに❞と思います。

納税は、国民の義務とはいえ、帳簿なんかつけなくても税金が納められるようなシステムを作ればいいのに…。

とりあえず、これで一安心。

 

  • 2018.09.27 Thursday
  • 16:22

-

格闘中

只今、会計ソフトとの入力に没頭しております。

通帳・現金の出入り、区分け作業[事業主貸・事業主借…]。まだ、よく区別がつきません。

私の場合、個人事業なので、大した取引内容ではありません。

ところが、最初の段階ではっきり、私的な生活費と事業で使う費用との区別をしていなかったせいか、出入りがぐちゃぐちゃになっているんです。

数か月前の出入りが、覚えていないものもあるわけで、作業が中々進みません。

一区切りついては、商工会議所に行って、教わってこないといけない状態です。

❝経理士さんにお願いすれば❞とも考えましたが、大した量でもないし、これを機会に自分でやってみようと思ったんです。というより、自分でやってみたいんです。

しばらく、格闘の日々が続きます。

 

  • 2018.09.16 Sunday
  • 07:57

-

なんて面倒くさい!

生まれて初めて経理なんてものをすることになりました。

恥ずかしながら、全くやったことがありません。

帳簿なんてものを書けるわけがありません。

webで会計ソフトをダウンロードし、何とか曲がりなりにも、出入りだけはチェックしていますが、最初の設定をする時点で分からない部分が出てきます。ちっとも進まないのです。❝これはもうどうしようもないな。❞ということで、商工会議所に出向いて、少しばかり教わってきました。

基礎が分かっていないので、スタッフの方も指導が大変だと思います。❝申し訳ないな❞と思いながらも、こればかりは自分が理解しない事には先に進まないので、やるしかありません。自分のことですから。

ホントに、面倒くさいんです。

  • 2018.09.12 Wednesday
  • 08:08

-

本人にとっては必要なものなんです

生前整理作業をさせて頂くときにいつも思うことがあります。

❝捨ててしまった方がスッキリするし、もっと綺麗に片付くのに…。❞

❝断捨離とまではいかないにしろ、気持ち的にも整理がつくのではないのかなと。❞

でも、そうじゃないんですよね。そう思うのは、あくまで私の方であって、ご本人はそうは思っていらっしゃらないわけです。

人にもよるのでしょうが、大抵は物を捨てたがらない方が少なくないようです。

戦前〜戦中〜戦後と激動の時代を生き抜いてきた方々です。生きるか死ぬか。そういう経験を重ねて現在に至っていらっしゃる方々です。

一方私は、戦争を知りません。高度成長期真っただ中が、若かりし頃でした。

時代が変わればと、一口に言いますが、そんな安易な事ではないんだと思います。

年を重ねれば、身の回りの物も自然に増えていくでしょう。

不要品・不用品は、あくまで本人の価値判断なんですね。

でも、やっぱり捨てたくなるのが心情です。

  • 2018.09.09 Sunday
  • 09:45

-

名刺を渡すのも考えます

この度のお仕事の件について、私はちょっと考えました。

実は、❝遺品整理業❞という屋号のことです。

依頼された仕事の内容は、生前整理でした。ご本人もお元気です。

ビジネスマナーとして、当然最初のご挨拶の時に、名刺をお渡ししますよね。

この時、一瞬思いました。遺品整理という肩書をご覧になったら、まずいのでは…?

結局、名刺を渡せなかったのです。

作業を終了して、お支払いの段階になって初めてその理由をご本人にお話しました。

『そうよのう。人によっては、変に思うてかもなあ。』笑いながら、そうおっしゃっていました。

でも、その時感じたのですが、相手は数十年という年月を生きてこられた方々です。確かに、受け取り方にもよるのでしょうが、そういうレベルを超えた次元に今を生きていらっしゃるのではないか?私の方がよっぽど臆病になって対応しているのではないか?いろんなことを考えさせられました。

今度からは、やっぱり最初に名刺を渡そうと思っています。どういう反応が返ってくるのでしょうか…。

  • 2018.09.08 Saturday
  • 08:06

-

透析者の就労

私がお世話になっている施設の利用者様から伺った話です。実は、息子さんが透析者(十数年間)なんだそうです。

透析者の就労はなかなか困難な状況であることを嘆かれていました。

実際に働いてみると、表現しがたい倦怠感等に苛まれ、はた目から見ると、サボっているようにも見えるらしく、結局居ずらくなって辞めてしまうことになるのだそうです。勿論、自分のスキルを十二分に発揮して、働いていらっしゃる方も少なくないことと思います。

透析者だけでなく、精神的な疾患を患っていらっしゃる方も同様ではないでしょうか。

就労支援を行っている組織もあるようです。(ハローワークだけではねえ…。)

どうぞ、諦めないで、少しでもよりよい人生を送れるように、お互いもう少し頑張ってみませんか。

 

 

 

 

  • 2018.09.05 Wednesday
  • 14:28

-

サービス付き高齢者向け住宅

8月の終わりから、自立支援型グループホームの整理作業を請け負わせて頂くようになりました。

高齢者向けの住宅は、いろいろあります。私がお仕事をさせて頂くところは、比較的自立なさっている高齢者の方々がお住いの住宅です。

まずは、88歳の男性の方がお住いのお部屋です。とても一日では作業は終わりません。

とても理解のある方で、事情をお話しした結果、引き続き次回も作業に入らせて頂けることになりました。

ありがとうございます。感謝申し上げます。

 

  • 2018.09.04 Tuesday
  • 15:33

-

ニュアンス

日本語もそうですが、同じ意味でも単語によってニュアンスが異なってきます。

前回の投稿の中に、Refuse・Rejectと二つ並べて取り上げていたのですが、他にも同じ意味合いでDeclineというのがあるそうです。

 

ニュアンス別【断る】表現

*Decline(穏やかなニュアンスの辞退)

*Refuse(少しキツめの拒否・辞退)

*Reject(かなりキツい拒否・辞退)

 

私が遺品査定士の認定を受けるときに教わったのは、三番目の❝Reject❞でした。

それと、個人的に何となく『いい表現だなあ』と感じたのが、Revalue(リバリュー)です。

不要となったものの中に、❝もう一度価値を見出していく❞。

素敵だと思いませんか?

 

  • 2018.08.29 Wednesday
  • 08:21